風俗は出戻りすることできるの?方法もあわせて解説します!

お悩み・疑問

風俗業界というものは、非常に入れ替わりが激しく、月に何人もの女性が辞めていって、新しい女性が入ってきます。
一度辞めたお店にもう一度入る「出戻り」をする女性も多いと思います。

この出戻りに関して、一度辞めたお店にもう一度入りたいと声をかけるのは、かなり勇気がいりますよね。
求人などにも出戻り歓迎なんて書いてあることがありますが、本当なのでしょうか?
今回はその出戻りに関して、出戻りをする方法と合わせて簡潔に解説させていただきたいと思います!

風俗って本当に出戻りが多いの?

一般企業では、出戻りなんてまず考えられないですよね?
どんなに気持ちよく退社したとしても、戻るなんて気まずくてやってられません。
そもそも会社を辞める時点で、何かしらの問題があって辞めていることがほとんどでしょうから、戻ることなんて考えることすらないですよね。
冒頭でも記載させていただきましたが、風俗業界というものはものすごく出入りが激しい業界です。

本当に毎月のように人が辞めていきますし、毎月新人の子がお店に入ってきます。
その中にはお店を辞めてしまってからの出戻りの方も多くいます。
もし今、「出戻りなんてしていいのかな?」と考えているようなら安心してください。

風俗業界で出戻りというのは当たり前のように行われていますよ!

出戻りをするためにはどうすれば良い?

それでは、出戻りをするためには、一体何をすれば良いのでしょうか?
答えは非常に簡単です。

お店に連絡をする」これだけです。
「何当たり前のこと言ってるの?」と怒られてしまいそうですが、実際にこれしかないのです。
というのも、お店側も出戻りに関してそれほど重く捉えていないのです。

それだけ風俗業界は出戻りというのが頻繁に行われています。
もしも悩んでいるのならば「気にするな」とハッキリと言いたいと思います。
それでもなんか連絡しづらいと言うのであれば、この後にいくつか連絡を取りやすい方法をピックアップいたします。

一緒に働いていた女の子に声をかける

いきなりお店の人に連絡をするのは、ちょっと気が引けてしまう。
という方もいらっしゃるでしょう。
そのような方は、一緒に働いていた同僚の女の子にまずは連絡をとって見ましょう。
仕事を辞めてお店の店長など男性の連絡先を残している人は多くないかもしれませんが、一緒に働いていた女性の連絡先は、残している人も多いかと思います。

仲の良い女性がいるのであれば、連絡もしやすいですよね。
その女性から店長などに話をしてもらえば、比較的スムーズに出戻りをすることが出来るでしょう。

お店の求人ページから応募する

風俗店のほとんどは、ホームページに求人ページを設けているかと思います。

一緒に働いていた女性の連絡先もなく、店長の連絡先も知らないのであれば、そちらの求人ページから再度応募してみると良いでしょう。
応募の際に「何月まで働いていた〇〇です」と記載しておけば、お店の人もすぐに分かって何かしらの対応をしてくれることでしょう。
いきなり電話というのもハードルが高いかと思いますので、メールやLINEなどから応募してみると良いかもしれませんね。

お店としても出戻りは嬉しい?

「出戻りなんて面倒くさがられないの?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
確かに一般企業ならそうかもしれませんね。
しかし、風俗業界ではちょっと違います。

出戻りの子を歓迎してくれる風俗店というのは、意外にも多くあるのです。
それは一体何故なのでしょう?
要因をいくつかピックアップしてみましょう。

教える必要がなくて楽

新人への教育というのは、お店にとってはかなりの重労働になります。
そのような子が数週間で辞めてしまったら、お店にとっては大打撃です。
実際、新人の多くは働き始めてから数週間、ひどい場合には働き始めたその日に辞めてしまうことだってあるのです。
その分、出戻りの子であれば、何かとお店のシステムを理解している子が多いですし、改めて1から教育する必要がありません。

お店にとって即戦力で働いてもらえるというわけです。
お店にとって即戦力ほど嬉しいものはありませんからね。

リピーターさんが帰ってくることもある

お店に在籍していた期間や、あなたが人気であったかにもよりますが、数ヶ月でも在籍していたのであれば、少なくとも数人は指名をしてくれるようなお客さんがいたのではないでしょうか?

風俗は急に辞めてしまう子も多いので、お客さんも慣れてはいますが、お気に入りの子が急に行きつけのお店を辞めてしまうのは、非常にガッカリとしてしまうものです。
そのような時に、以前指名をしていた子が帰ってきたとなると、お客さんも非常に喜んでくれます。
お店がお客さんと個人的に連絡をとっている関係ならば「この子が帰ってきますよ」と出戻り出勤前に宣伝だってしてくれるかもしれませんね。
そうなれば最近お店に来ていなかったお客さんを、呼び戻す術としても使えるというわけです。

出戻りをする際の注意点

いくら出戻りがしやすい業界とはいえ、注意しておきたい点はいくつかあります。
それはあなたがどのようにしてそのお店を辞めたのかにもよるのですが、いくつか注意点をピックアップしてみましょう。

お店の店長と揉めて辞めた場合

こちらのケースはちょっと出戻りがしづらい環境となってしまうのですが、何かしら店長やオーナーと喧嘩をしてしまってお店を辞めた場合です。
普通はこのようなケースの時はそのお店に出戻りしたいと考える方は少ないのですが、中にはエリアにそのお店しか働ける場所がないケースだってあります。
そのような場合には、もともと一緒に働いていた風俗嬢に「まだあの店長はいる?」と確認をとってから出戻りをした方が良いですね。

オーナーはコロコロ変わりませんが、意外にも店長というのは結構な頻度で変わります。
風俗の店長は所詮は雇われ店長ですので、そこまでお店にこだわりもないのです。

同僚と揉めて辞めた場合

一緒に働いていた同僚とウマが合わずに辞めてしまったというケースも少なくないでしょう。

こちらに関しては、店長やオーナーに事前に確認をとっておきましょうね。
冒頭でも記載させていただきましたが、風俗業界は非常に入れ替わりの激しい業界です。
仲の悪かったあの子もすでに辞めてしまっている可能性が非常に高いです。
もしも辞めているならばすぐにでも復帰しないと勿体無いですよね。

万が一その仲の悪い子が在籍していたとしても、相手がよほどの人気嬢でない限りは、お店側は歓迎してくれることが多いです。
あなたが我慢できるのであれば出戻りすることも難しくないでしょう。

飛んでしまった場合

風俗業界で多い辞め方というのが、「飛ぶ」ということ。

飛ぶというのは、お店になんの連絡もせずに音信不通になって、一切出勤しなくなることを指しています。
このような業界用語ができるほどに、風俗業界ではいきなり来なくなるような人が非常に多くいらっしゃいます。
こんなことをしたら、普通の会社には絶対出戻りなんてできません。
会社の名前すら見たくなくなってしまうでしょう。

しかしそんな状況でも出戻りが出来てしまうのが風俗業界の不思議なところ。
飛んだ子が出戻りをすることだって、なんら珍しいことではないのです。
お店側も風俗嬢が飛ぶということには、とっても慣れてしまっています。
とは言っても、飛ぶことは当然良いことではありません。

お店には多大な迷惑がかかってしまっています。
飛んだくせに「また働きたいんだけど」と横柄な態度で連絡をしたら、「ふざけんな」と問答無用で断られてしまうことでしょう。
素直に謝罪をして、「もう一度働かせていただけますでしょうか?」と丁寧に連絡をするようにしてくださいね。

リピーターさんに帰って来てもらう方法

先ほど、お店側のメリットとして、以前その女性についていたお客さんが帰ってくることを見越して、出戻りを採用することもあると記載しましたが、それは出戻りをする風俗嬢にとっても嬉しいことなのです。
もちろんこれに関しては、あなたがどれだけ人気があったかという点によっても変わってくるのですが、お客さんが帰ってきやすくなる方法というものも存在します。
いくつかピックアップしてみましょう。

お店が出戻りを宣伝してくれる

あなたがそのお店で一定の人気を持っている風俗嬢であったのならば、お店側も積極的に出戻りをアピールしてくれます。
お店のホームページに「あの人気嬢〇〇が復帰!?」と大々的に告知してくれたら、元々いたお客さんは喜んであなたを指名してくれるようになります。

また、元々ついていなかったお客さんも「こんなにお店が推しているなら指名してみようかな」と新しいお客さんまで狙うことが出来るのです。

自分から連絡をする

風俗嬢の中には、個人的にお客さんと連絡先を交換して連絡をとっている方もいることでしょう。
そのような場合には、自分からそのお客さんに出戻りをすることを連絡しておきましょう。

お気に入りだった子と久しぶりに会うことが出来てプレイ出来るなら、お客さんにとってこれほど嬉しいことはありません。
飛んでお店にやって来てくれるかもしれませんよ。

出戻りの注意点

魅力のある出戻りですが、一点だけ注意しておきたいポイントがあります。

それはNGにしていたお客さんが、あなたの出戻りを知ってまたやって来てしまうということ。
ストーカー体質であなたに依存しているような客は、辞めてからも小まめにホームページをチェックしている可能性もあります。
そのようなお客がいる場合には、源氏名を変えたり、画像を変更したりする工夫が必要です。
お店の人にNG客を改めて伝えておく必要もありますね。

風俗は出戻りすることできるの? 方法もあわせて解説します!まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は風俗業界における出戻りについて解説させていただきました。

悩んでいるのであれば思い切って行動してみましょう。
悩んでいたことがバカになるくらいすんなりと出戻り出来てしまうケースがほとんどですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました