現役風俗嬢に聞いた!風俗で働いた感想、悩みをご紹介!

お悩み・疑問

こちらの記事をお読みになっているということは、「風俗で働いてみようかな」
「働いてみたいけどどんな感じなんだろう」
「働いてみたいけど怖い」というような方ではないでしょうか?

確かに風俗と聞くと、マイナスイメージの方が真っ先に浮かんでくるかと思います。
今回は、実際の現役風俗嬢が働いた上での悩みや、悩みへの対策、どのようなお客さんが来るのかなど、ピックアップしてご紹介させていただきます!

まずは風俗店のジャンルを選ぶことから

ひとえに風俗といっても、今ではものすごい多くのジャンルが存在しています。

いざ働こうとしても、「イメージと違った」なんてことになってしまっては長く続かないですよね。
ここでは風俗店の種類を簡単に学んでおきましょう。

ソープランド

本番行為を前提とした風俗店。

数ある風俗の中でも唯一本番ができる風俗店となりますので、一番稼ぐことが出来る金額が大きいのもソープランドになります。
ローションでのマットプレイやお風呂場でのプレイなど、特殊なテクニックが必要なのもソープランドです。
チャレンジする敷居は一番高く感じますが、とにかくお金が欲しいという人にとってはオススメです。

デリヘル

デリヘルはデリバリーヘルスの略となっていて、その名の通り、お客さんのところへデリバリー、出向いてサービスを行う風俗となります。
基本的にはラブホやビジネスホテルなど、お客さんが宿泊しているところに出向きます。
デリヘルは一切の本番行為を禁止しています。
しかし実態は、本番行為をお客さんから交渉されて、行為を行っている女性も多いようです。

もちろん禁止行為なのでお店にバレたらクビにされてしまうこともありますので注意が必要です。
お店自体も多く、営業時間も24時間営業しているところがほとんどなので、自分の働きやすい時間で稼げるのも魅力の一つです。

箱ヘル

こちらはサービスとしてはデリヘル同様、本番行為は禁止されており、キス、フェラ、素股などでお客さんにサービスを行います。

デリヘルと異なるポイントとしては、こちらはお店をかまえているということ。
デリヘルはお客さんの元へ出向いていましたが、箱ヘルはお店で風俗嬢が待機していて、そこにお客さんが来店する形になります。
デリヘルのように知らない人の元に派遣されることに不安がある方にとっては、箱ヘルの方がチャレンジしやすいと言えるでしょう。
ただし、実際のお店がありますので、閉店時間も定められています。

働ける時間には限りがありますので、そこがデリヘルと比べた際のデメリットとなります。

オナクラ

ソープやデリヘルと比べて、あまり聞きなれないかもしれません。
オナクラはおナニークラブの略となり、お客さんのオナニーをサポートしてあげるのがサービスの内容となります。

他の風俗店と比べると稼げる額は一番低いのですが、業務内容も簡単なものになっています。
基本的なサービスとしては、お客さんのオナニーを目の前で見てあげる。
手コキしてあげる。
耳舐めしてあげるなど。

オプションなどで様々なサービスがありますが、基本的にはお客さんは女性には触れてはいけないことになっています。
他にもイメクラやSMクラブ、性感エステなど、まだまだ多くのジャンルがありますが、基本的に風俗初心者であれば上記の風俗を押さえておけば間違い無いでしょう。

他の風俗嬢と仲良くなれるか不安

実際に働く上で、一緒に働く女の子はどんな人なんだろう?と気になるところですよね。
仲良くなれなかったらどうしよう。
とお悩みの方もいるかと思います。

基本的に風俗嬢同士はあまり仲良くない

「やっぱり仲が悪いのか」とお思いになってしまうかもしれませんが、仲が悪いというより、お互いに興味がないのです。
あの子があの子を嫌っているなんて話も特に風俗嬢同士でしませんし、そもそもお互いが会話をするケースなどが、一般的な仕事と比較して圧倒的に少ないのです。

身バレがとても心配

風俗で働く上で、一番不安なのが身内への身バレです。

家族や彼氏、会社の知人など自分が風俗で働いていることがバレてしまったらどうなってしまうのか不安ですよね。
当然、100%身バレしません。
とは言い切れません。
バッタリお店に知人が来てしまったりするケースも0とは言い切れません。

しかし、身バレするリスクを極限まで減らすことも出来ます。
デリヘルなどでは、自分の住んでいる付近のエリアをデリバリー禁止エリアにすることも出来ますし、会員制の風俗店であれば、事前にお客さんに会う前にお客さんの情報を知ることが出来ます。
ただし、先にも記載しましたが、風俗で働くことは身バレのリスクもあることを承知の上で働くことをオススメします。

風俗のお客さんはどんな人が来るの?

実際、全く知らない人とホテルで2人きりになったりしたら、本番がNGと言われていても、無理やり行為を強要されるんじゃないかなど、風俗未経験者にとっては不安なことばかりだと思います。
しかし、安心してください。
実際の風俗店で働いている女性から言わせてみれば、お客さんは基本的に「優しい」そうです。
お客さんも性欲が満たされると分かった上での利用になりますし、サービス内容も把握しています。

中には本番を交渉してくる客もいますが、「ごめんなさい。お店の約束で出来ないんです」と断れば、素直に諦めてくれます。
それでもしつこく強要してくるのであれば、お店に通報しましょう。
しっかり守ってくれます。

キャバクラなど飲み屋の酔っ払いと比べれば、よっぽど客層は良いと言えるでしょう。

実際いくら稼げるの?

風俗は稼げるとは聞くけど、実際にどのくらい稼げるのか知りたいところですよね?
風俗の給与形態は完全な歩合制となります。

そのためいくら稼げるかは完全にあなた次第となってはしまうのですが、おおよその平均額を出すことは出来ます。

給与例

デリヘルで一日8時間勤務
デリヘルの基本的な時給は安く見積もっても約10,000円

8時間のうちに移動時間や待機時間が含まれますので
一日の稼ぎ=約30,000円前後となります
ここからは月にどれだけ働けるかによって変わってしまいますが、生理休暇で約1週間はお休みが必要になるかと思いますので、出勤日が20日とします。
そうした場合、30,000円×20日となりますので

月給=60万円となります。
この計算式は決して高く見積もっているわけではありません。
むしろ安めに見ていると言えるでしょう。
慣れて出勤日ももっと多く確保し、リピーターもついてくれば月給100万円超えも決して夢ではないでしょう。

実際に100万円以上稼いでいる風俗嬢はごまんといます。
ただし、先にも記載しましたが、風俗の給料体系は完全に歩合制です。
お客がつかずに一切働かなければ、当然のことですが給料は0円です。
よほどのことがない限りは0円ということはあり得ないのですが、稼げるか稼げないかはあなた次第ということです。

日によっては全く稼げず「昨日はあんなに稼げたのにな」と落ち込んでしまうかもしれませんが、日ごとにそのように落ち込んでいたら、精神がもちません。
給与額で悩むとしても、月ごとで考えるようにしましょうね!

現役風俗嬢に聞いた!風俗で働いた感想、悩みをご紹介!まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は風俗未経験者やこれから風俗に挑戦してみたい方向けの内容を記載させていただきました。
リスクもある分、働くことができれば、確かな金額を稼げるのが風俗のメリットです。
少しでもこの記事があなたの役に立つことを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました