風俗店の面接で必要な身分証ってなに?理由と種類をご紹介します!

お悩み・疑問

風俗店での面接の際に「お越しになる際に身分証をご持参ください」
「住民票もお願いします」などと言われて「身分証って免許証でいいの?」
「風俗店に住民票なんて出して大丈夫なのだろうか」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?
今回は風俗店での面接に必要な身分証明証、その理由について記載させていただきます!

身分証を確認する理由ってなに?

身分証の確認となると少し不安な気持ちになってしまうかもしれませんが、心配する必要は一切ありませんよ。
身分証明証を確認する理由は「あなたの年齢が18歳以上であること」を確認するからです。
お店側としても、万が一未成年の女性をお店で働かせてしまえば、風営法違反として営業停止となってしまいます。
そのため、お店側も採用時にしっかりと身分証明証を確認するというわけです。

逆に言えば、身分証明証を確認せずに働かせてくれるようなお店は、未成年も働かせるような違反店舗である可能性がかなり高くなります。
そのようなお店で働いていると、あなたは未成年でないとしても、警察に摘発をされてしまえば一緒に捕まってしまうなんてこともあるのです。
身分証明証の確認を求められたら、「健全なお店なんだな」と考えるようにしましょう。

必要な身分証明証の種類は?

風俗の面接では下記の2種類の身分証明証が必要になります。
・顔写真付きの身分証
・本籍または国籍が分かる身分証
風営法では「氏名・住所・生年月日・本籍または国籍」が確認できる身分証明証が必要と法律で定められています。

法律からすれば、住民票の提出のみでもクリア出来るのですが、多くのお店では顔写真付きの身分証明証の提出をお願いされるかと思います。
それは当日の面接に来た人が、本当に応募してきた本人かどうかを確かめるためです。
有効な身分証
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
パスポートでは住民票は必要ありませんが、他の運転免許証、マイナンバーカードでは住民票の提出が定められています。

身分証がない場合はどうすればいい?

それではもしも身分証を持っていない場合はどうすれば良いのでしょうか?
結論から言ってしまいましょう。
身分証明証が無ければ、風俗店で働くことは出来ません。
風俗店のみならず、普通の飲食店などでのアルバイトでも身分証明証や住民票の提出が必要なお店はたくさんありますので、可能であるならば取得しておくことをオススメ致します。

ただし、運転免許証やパスポートなどは、取得するのにお金もかかりますので、そのような場合には、原付の免許証を取得することをオススメします。
費用も1万円前後ですし、日数も1〜2日で取得できます。
働く以外にも、何かの会員になったり身分証明証は生活に必須ですので、何かしら持っておいたほうが何事もスムーズに進みます。
また、先ほどお伝えしましたが、身分証明証の確認をしないまま、OKを出すようなお店はかなりの確率で違法営業をしている風俗店です。

中には高校の卒業アルバムを持ってくればいいよ。
なんてことを言うお店もありますが、そんな確認の仕方では、法律上では完全にアウトです。
お店だけでなく、あなたも捕まってしまうリスクがありますので、十分にお気をつけください。

提出した住民票や身分証明証のコピーは破棄してくれる?

お店に身分証明証や住民票を提出するのは、なんだか弱みを握られているような気がして気持ちが悪いという方もいらっしゃるかと思います。
「提出したものは破棄してもらったり、返してもらえるの?」とお考えなのではないでしょうか?
こちらに関しては、残念ながら返却や破棄はしてもらえません。

正確には「働き始めてから3年間は破棄できない」となります。
そのためいくら1日だけの体験入店だとしても、その日の仕事が終わったからといって、身分証のコピーや住民票は返却してもらえないし、破棄もできないということです。
法律で定められているので、こればっかりは仕方ありません。
風俗店への提出に抵抗があるかもしれませんが、逆に言えば3年間きっちりと保管しているお店は、しっかりと法律を遵守しているお店と言えますので、信頼できるお店となります。

風俗の面接に合格するためには

では、身分証明証の準備が問題なく出来たとして、今度は面接の対策をしていきましょう。
どのような女性が風俗店の面接をクリアすることが出来るのでしょうか?

ルックス

当然のことですが、ルックスが良い女性は何事も有利に物事を進めることができます。
それは風俗店のみならず一般的な企業での面接でも同じことなのです。
モデルやグラビアアイドルのように、顔やスタイルに恵まれているのであれば、当然面接をクリアしやすくなります。
ですが、意外と風俗店ではルックスを重視している店舗はあまり多くありません。

よほどの高級店くらいかと思います。
その理由を次の項目でご説明しますね。

明るく愛嬌のある性格

風俗店の面接官が重視しているのは、ルックスよりも中身。

つまり性格を重要視しています。
そんな綺麗事言っても信じない」と言う方もいるかもしれませんが、風俗はあくまで接客業です。
相手のことを思いやり、尽くすことが出来なければお客さんをリピーターにしていくことは出来ません。
確かにルックスが良ければ初めこそ指名を多くとれると思いますが、中身がともなっていなければそれは決して長く続きません。

実際に各風俗店で人気上位の風俗嬢は、非常に明るく、笑顔が素敵な印象を抱きます。
お客さんとの会話をスムーズに進めることが出来て、時にはお客さんの悩みまで気ことができ、臨機応変に甘えることまでできる。
そのような子は間違いなく人気ランキング上位に上り詰めることが出来るでしょう。

面接で不合格になってしまう女性の特徴は?

それでは逆に不合格になってしまう女性はどのような特徴を持っているのでしょうか?
反面教師という言葉もありますので、ここから学んでみましょう。

お店のコンセプトに合っていない

いくらスタイルがよくでも、お店のコンセプトに合っていなければお店で働くことは出来ません。

例えば熟女系のお店に高校を卒業したばかりのような若い女性が面接を受けても合格できません。
逆にロリ系のお店に30歳を超えたような女性が面接しても結果は同じでしょう。
ルックスや性格になんの問題点もないのに不合格になってしまうという方は、一度お店のコンセプトをしっかりと調べてみると良いかもしれませんね。

時間を守れない

約束の面接日に平気で遅刻してしまったり、当日に予定変更の連絡を平気で入れてくるような方は、お店からしたら採用してもまともに出勤してくれないでしょうから、不採用にするでしょう。
これは風俗店に限らず、どんなお店でも一緒ですね。

暗くてコミュニケーションがとりづらい

表情が暗く、面接官の目をまともに見ることもできず、会話もまともに成り立たない。

このような方は、問答無用で不採用です。
先ほども記載しましたが、あくまで風俗店はサービス業です。
お客さんを癒してナンボの世界ですので、会話が出来ない方には向いていない職業と言えるでしょう。

風俗店の面接で必要な身分証ってなに?理由と種類をご紹介します!まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は風俗店での面接に必要な身分証明証の種類や意味、面接で合格する女性の特徴までピックアップしてご説明させていただきました。
この記事をお読みになったということは、近いうちに風俗店での面接が控えていることかと思います。

この記事が少しでもあなたの役に立つ子を願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました