飛田新地のソープで働くには!?働き方、稼ぎ方を徹底解説

お金

ソープで働いている方なら、一度は耳にしたことがあるのが飛田新地ではないでしょうか?
楽に稼ぐことができると言われているのが飛田新地です。

しかし、実際に働くにはどのようにすれば良いのでしょうか?
今回は実際に働いている経験者の話も交えて、働き方、どんな人が多いのかなど、飛田新地について徹底解説していきたいと思います。

そもそも飛田新地とは?

「飛田新地」という名前は耳にするけど、実際にどのような場所かご存知でしょうか?

飛田新地とは、大阪市西成区に存在する日本最大級の遊郭エリアです。
その数は150軒以上にまでのぼり、日本一と言われています。
街並みの数多くは「料亭」として売り出していますが、その料亭の実態はほとんどがソープとなっています。
街のいたるところに「お運びさん募集」という看板が出ていますが、そのお運びさんとは「お客と自由恋愛を行う仲居」という意味で、いわゆるソープ嬢のことを指しています。

時代劇やまんがなど遊郭のシーンを見たことがあるならイメージがしやすいですが、街の通りから店の玄関が丸見えになっていて、そこに女性が座っています。
それを通りが歩く男性が物色するという昔ながらのスタイルが人気になっています。

飛田新地で働くのはどういう感じなのか?

では飛田新地で働くというのは、どのようなイメージなのか、簡単にまとめてみましょう。

簡単に言ってしまえば、飛田新地での仕事は、「本番有りの風俗店」ということです。
本番有りと言っても、ゴムの着用は必須とされています。
自分は本番OKだからすぐにでも働けるかも?
とお考えになるかもしれませんが、なかなかそうもいきません。

10人が面接したとすると、1〜2人ほどしか受からないことも珍しくないそうです。
実際の店舗側の意見をまとめると
・ルックスが良くないと採用されない
・20代後半になってくると、採用が難しくなってくる

・一日当たりの接客数が多いため、体力、アソコの強さも必要になってくる
これらの全ての条件を満たして初めてスタートラインに立てると言えるでしょう。
逆に、ルックスが良いから、若いからだけで採用されてしまうと、逆に危険な立場になってしまいます。
可愛いだけで採用されても、飛田新地は一日当たり10人以上を相手にすることも珍しくないため、本数の多さで体調を壊してしまう女性も多いようです。

綺麗で体力もあるということが絶対条件となってくるわけです。

どんな人が働いているの?

実際に飛田新地へのお店へ女性を紹介している方の話を聞くと、このような方が多いそうです。
・現状の仕事、給料に不満をもっている
・短期間で大金を稼ぐ必要がある(100万〜1000万レベル)
ホストにハマってしまった。
学費が足りない、借金を抱えているなどなど、やはりお金に問題がある方が非常に多いです。
また、現状の風俗業に不満があり、もっと楽に稼ぎたいという方も多いようです。

実際にはどんな人が飛田新地に向いているのか?
上記にも記載しましたが、現在の風俗業に不満を持っている方は非常に多く、今行っているいわゆるイヤイヤ接客を行わずに稼げるのが飛田新地でもあります。
代表的なイヤイヤ接客
・毎日の写真日記の更新
・ネットに自分の写真をアップしたくない
・男性スタッフと働きたくない
・お客とプライベートな話をしたくない
・お客とキスをしたくない
・長時間フェラをしたくない
・ごっくんはNG
・生本番なんてもってのほか
上記のようなイヤイヤ接客が、飛田新地には全くないと言っても過言ではないでしょう。

飛田新地の基本的な絶対ルールとして
・キスNG
・手マンNG
・ゴムフェラ
・ゴム本番
ということが決められています。
お店によってはそれらも解禁しろというお店もあるかもしれませんので、働くお店選びは慎重に行う必要があります。
これだけ聞くと、ものすごい楽な印象しかありませんが、さすがにそんなにおいしい話はありません。

次の項目では、どんな人が辞めてしまうのかにも触れていきましょう。

飛田新地での仕事が続かない人の特徴

まず第一に、飛田新地で働けるのは、かなり限られた人のみと言えるでしょう。
高いレベルのルックス、スタイル、体力が最低限必要ということです。

辞めてしまう人の特徴

体力がなく、本数をこなすのが厳しい

飛田新地では一日に10人以上の相手をするのが一般的です。
一日10本以上となるとかなり体力が必要になってくるでしょう。

いくらイヤイヤ接客が無いといっても、体力がなければ飛田新地で働くのは厳しいと言えます。

玄関で多くの人に注目されるのが苦手

これも飛田新地ならではの特徴なのですが、女性がオープンな玄関で座り、通りを歩く男性が女性を物色するという特別な仕組みになっています。
接客しなくとも、この女性は風俗嬢だという目に晒され続けるというのも、精神的にダメージがきてしまう原因となります。

モデル、元AV女優などの肩書きが通用しない

飛田新地で働く女性は、当たり前のようにモデル体型、AV女優レベルとなっています。
元の店ではルックスで稼げていたのに、飛田新地に来てからは稼げない。
というようなことになると、思っていた以上にダメージは大きいものです。

飛田新地の具体的な流れを見てみよう!

それでは、実際に飛田新地で働く上での簡単な流れを見ていきましょう。

1、玄関での客引き

メイク、衣装に着替え終えたのちに、お店の玄関に立って客引きを行っていきます。

通りからは丸見えとなりますが、男性からは決して視界が良いとは言えません。
隣についてくれている受付用の年配の女性も呼び込みを行ってはくれますが、やはり本人が無愛想にしていては客引きが上手くいくわけはありませんね。
飛田新地では顔が良いのは当たり前、どの店にも可愛い子が並んでいるのであれば、やはり決めては愛嬌です。
お客さんが見えたら全力で愛想を振りまいていきましょう。

2、店の二階に上がり、システム、料金体系を説明する

基本的にはお店は6〜8畳ほどの広さになっています。
そこにテーブル、布団が敷いてあるだけの部屋です。
お客さんにコースを選んでいただき、料金をもらったら、下に降りてお菓子の詰め合わせなどの軽食を持っていきます。

あくまで「料亭」なので、必ずこの一連の動きが必要になって来ます。
その時点でタイマーセットとなります。

3、プレイ準備の開始

これは覚えておいて欲しいのですが、飛田新地にはシャワールームがありません。

自分もシャワーを浴びれませんし、お客さんも浴びることが出来ません。
お客さんのアソコはおしぼりやウェットティッシュを使って綺麗にしましょう。

4、挿入

先にも記載しましたが、飛田新地ではかなり女性に嬉しい環境で働くことが出来ます。

NG項目
・キス
・胸を舐める
・手マン
・生フェラ
・生セックス
時間も15〜30分ほどと短いコースがほとんどのため、うっとうしい交渉もほとんどないと言えるでしょう。
上記記載の通り、粘膜での接触が一切ありません

そのため、本番アリの仕事でありながら、多くの風俗業の中でも、最も性病への感染率が低いというデータもあります。

5、お見送り

お客さんがフィニッシュ、もしくは時間切れとなればプレイは終了です。
服を着て一階に降り、お客さんを見送って一連の仕事は完了です。

お見送り後は再び玄関に座って呼び込みを再開します。

6、日当を受け取る

お給料はほとんどのお店が全額日払いとなっています。
基本的にはコース料金の50%−受付のおばちゃんの取り分(数千円ほど)が1プレイあたりの給料となります。

飛田新地では、ソープやキャバクラのように、雑費が引かれることもありませんので、働けば働くほど稼げる仕組みとなっています。

7、帰宅

飛田新地では基本的に送迎はありません。
ほとんどのお店に裏口もありませんので、呼び込みをしていたお店の玄関から普通に帰ることになります。

一部のお店や一部のトップクラスの女性にならない限りは送迎はありませんので、覚えておきましょう。
以上が飛田新地での仕事の流れとなっています。
ソープランドなどと比べて、面倒なマットプレイや生フェラなど面倒な作業が必要とされていないため、かなり女性にとっては仕事のしやすい環境になっていると思います。

どれだけ稼げるの!?

では一番気になるどれだけ稼げるのかというところです。
給料体系は上記で少し触れましたが、下記の通りとなっています。
コース料金―1,000円(おばちゃん)÷2=給料
おおよそのコース料金は下記の通りです。

15分コース=5,000円
20分コース=7,500円
30分コース=10,000円
60分コース=20,000円

15分、20分など、かなり短いコースも設定されているのも、飛田新地の特徴かもしれません。
料金体系やお店の立地によっても、一日に稼げる額は大きく異なってしまいますが、おおよそでまとめると、最大日給としては10万円前後が現実的な範囲かと思われます。
高級ソープ店ほどの、ものすごい稼ぎは出来ないものの、毎日コンスタントにこれだけの額が稼げれば、月に10日出勤しただけで100万以上の稼ぎとなってきます。

飛田新地への出稼ぎでの注意点

飛田新地はかなり特別な風俗エリアです。
そのため、飛田新地にしかないルールも数多く存在します。
ここで注意点をいくつかチェックしておきましょう。

交通費は支給されない

基本的に交通費は全額実費となります。
出稼ぎの場合には様々な交通機関を使ってお店に来るかと思いますが、支給は一切ないと考えておいてください。

給料の保証は一切なし

日給保証、最低保証というものは一切存在しません

そのため、お客さんの呼び込みが出来なければ、当然その日の給料は0円となってしまうのです。

シャワーがない

こちらは先に少しだけ触れましたが、飛田新地にはシャワーがありません。
トイレや流しにあるような給湯器のホースでアソコを洗い流すことになります。

多くのNG項目がありますが、綺麗好きには向いていない環境と言えるでしょう。

見世物になる

飛田新地では玄関に座り、通りを歩く男性に品定めをされることになります。
色んなお店の子と比較され、まるで物のように扱われるのも事実です。

このようなことが精神的にきてしまい、辞めてしまった子も多くいるようです。
飛田新地ならではのメリットも数多くありましたが、飛田新地ならではのデメリットも数多く存在していましたね。
働こうと思うのであれば、デメリットをもう一度見つめ直して考えると良いでしょう。

実際に働いている女性の声

では、実際に飛田新地で働いている女性の声をいくつか紹介しましょう・
・生フェラやキス、手マンなどのいわゆるイヤイヤ接客が嫌で飛田新地に移動した。
短期間で働いて、すぐに風俗業界を去りたかったため、特に気に病むことはなかった。
・うざい本番交渉をされなくて済むので、仕事自体がかなり楽になった。
・その気になれば繁忙期のように毎日のように客数を確保できるので、毎日安定して稼ぐことが出来る。
・ソープランドと比べれば、面倒なマットプレイもなく、写真ブログの更新も不要、お客さんとのプライベートでの連絡などなど、とにかく面倒な仕事がなくなった。
ほんの一部でしたが、「かなり楽になった」というのがほとんどです。
ただ、再度お伝えしたいのは、飛田新地で働けるのは限られた女性ということ。
しかしルックス、体力に自信がある方にとっては、かなり楽に稼ぐことが出来る環境になっています。

良い料亭で働くには

何事も良い料亭を見つけない限りは、気持ちよく仕事をすることは出来ないでしょう。
では、良い料亭を見つけるにはどのようにすれば良いのでしょうか?
飛田新地に知り合いがいて、その知り合いから紹介を受けるのが一番良い方法ですが、なかなか知り合いがいる方はいませんよね。
それではどうすれば良いか?
それはネットでの飛田新地求人を参考にするということ。
ただし、そのほとんどは詐欺まがいの偽の情報ばかりです。
安全な業者を見つけるには甘い言葉に騙されないということ。
先に飛田新地のデメリットを記載しましたが、本来ありえない「保証アリ」や「送迎完備」などの好条件を全面に出しているサイトは、まず詐欺と考えて良いでしょう。

飛田新地のソープで働くには!? 働き方、稼ぎ方を徹底解説のまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は風俗街の中でもかなり異質の飛田新地についてまとめました。
メリットも多く存在する飛田新地でしたが、デメリットも必ず存在します。
この記事をしっかりお読みになっていただき、少しでも飛田新地について興味を引かれたのであれば、是非チャレンジしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました