デブでもエステで働けるの?しっかり稼げるのか解説致します!

お金

エステと聞くと、スタイルが良かったり、ルックスが良かったりと見た目が良い女性が働いている印象が強くあります。
「デブじゃ働けない」「デブじゃ人気でないよね・・・」とお考えの方も多いのではないでしょうか?

おそらくこの記事をお読みになっているということは、自分の体型が気になっていたり、少なからずコンプレックスを抱えてらっしゃる方なのではないでしょうか?
今回は、デブやぽっちゃり体型でもエステ店で働くことができるのか、もっと言えばしっかりと稼ぐことができるのかを解説させていただきます。

エステってどんなことするの?

収入も大きいし、風俗は気になっているけどソープやデリヘルをやるのは不安がある。
メンズエステなら出来るかも。
でもエステって一体何をするの?
という方も多いのではないでしょうか?
まずはエステのサービス内容を理解しておきましょう。

基本的に、メンズエステはソープやデリヘルなどの「風俗」とは異なります。
メンズエステは風俗ではないのです。
一般的なメンズエステではいわゆる、抜き(射精)という性的なサービスは実施してはいけません。
トリートメント、オイルを使ったボディマッサージなどをサービスの主体とされていて、そこに施術者である女性スタッフが、セクシーな衣装を身にまとってサービスを施します。

風俗の求人などに「エステ」と記載されているものもありますが、そのようなものは、回春マッサージなど抜きありの風俗店となります。
決してメンズエステとは異なりますのでご注意ください。

通常のエステはルックスが良い女性が集まっている

一般的なメンズエステでは、ルックスの良い女子を採用する傾向にあります。

それはデリヘルやソープよりもレベルが高いことも多々あります。
その理由は、単純にサービスが抜きなしですので、デリヘルなどよりも気軽に応募でき、求人数も風俗サービスと比較しても圧倒的に多くなります。
そのため可愛い子も集まりやすいということなのです。
また、メンズエステのサービス内容でもお伝えしましたが、メンズエステは抜きは無しです。

言ってしまえば男性をムラムラ悶々とさせたままサービスが終了するというわけです。
体を触ってもらうだけで、そこそこの金額を支払うわけですから、せめてルックスが良い子じゃないと男性だって満足出来ません。
そのため、お店もある程度ルックスには重点をおいて採用をしているというわけです。
そうなってくると、ルックスに悩みを抱えているデブやぽっちゃりだと、その時点でハンデを抱えているようなものです。

採用されることも難しいですが、仮に採用されたとしても周りはルックスの良い女性ばかりなので、競争に勝つためには相当の努力が必要になってくるでしょう。
「やっぱりデブはメンズエステで働けないのか」と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。
次の項目でデブが稼ぐための方法をご紹介します!

デブは専門店を狙え!

それではデブはどのようにメンズエステで働けば良いのでしょうか?
答えは単純です。
「ぽっちゃり専門店、デブ専門店を狙え!」ということです。
メンズエステも、多くの風俗店と同様に多くのジャンル、お店のコンセプトが存在します。

例えば熟女系、網タイツ系、コスプレ、ロリ、などなど。
その中にも必ずデブ専、ぽっちゃり専門店というものが存在します。
「そんなところにお客さん来るの?」という方もいるかもしれませんが、男性の趣味趣向は様々です。

もちろんグラビアアイドルのようなスタイルの方が好きだという男性は多いかと思いますが、必ずデブ好きという男性はいます。
これは断言しても良いです。
間違いなくいます。
また、専門店ではないにしても、お店によっては一つの店舗で多くのお客さんの要望に応えるために、数人ぽっちゃりの女性を採用しているお店もあります。

そのようなお店にとってはぽっちゃりさんも貴重な戦力ですので、大切に扱ってくれることでしょう。

どのレベルまで太っていいの?

ぽっちゃりの需要があると言っても、どのレベルまで太っていいの?
となりますよね。

男性と女性の太っているという基準は異なりますし、人によってもデブと痩せ型の境界線は全く異なります。
しかし、ある程度の基準は一般的に使われている公式で導き出すことができます。
その公式とは「身長−体重=」です。
答えが「99以下はデブ」
「100〜109はぽっちゃり」と判断できます。

例えるならば身長が150cm、体重が60kgとしましょう。
公式に当てはめると「150−60=90」となります。
90は99以下となりますのでデブとなるというわけです。
しかし、こちらの式には胸のサイズなどが入っていませんし、太り方もどの部分に多く肉がついてしまっているのかなどは分かりません。

全ての男性に当てはまるというわけではありませんので、確実なものではありませんが、デブ、ぽっちゃりの境界線の判断としては良い基準になるかと思います。
実際に、数値が99以下になってくるような身長、体重は医学的に判断しても間違いなく肥満と判断されるような数値です。
そのような体型なのであれば、通常のメンズエステで無理して頑張って働くよりも、専門店で働くほうが明らかに稼ぐことができるでしょう。

中途半端なデブは逆に売れない?

女性の多くは自分のことを太っていると考えています。
私自身もトレーニングジムで働いていた経験がありますが、その利用客のほとんどは「痩せたい願望」のためにジムに通っていました。
みるからに体のラインが細く40kg台だろうというような女性も、話をしてみると「食べすぎて太った」などと口々に話します。
もちろん自分自身を綺麗に保つためにストイックに考えることは素晴らしいのですが、ぽっちゃり専門店やデブ専のお店で働くのであればその考えは一旦置いておきましょう。

いくら自分が太っていると考えていても、客観的に見て太っていないのであれば、それはぽっちゃりでもデブでもないのです。
中途半端に平均体重よりもちょっぴりと太っているだけで、自分は太っていると専門店で働いてしまうと、周りの女性は完全なデブやぽっちゃりばかり。
その中にいると自分はスタイルが良いと錯覚をしてしまいそうですが、お客さんからしてみれば、あなたはただのスタイルが悪い女として認識されてしまうのです。
大切なのは客観的に見てあなたは太っているのかということ。

まずは先ほどの式に当てはめて自分のスタイルを客観的に判断してみましょう。

デブでもエステで働けるの? しっかり稼げるのか解説致します!まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はデブやぽっちゃりでもメンズエステで働けるのかを解説させていただきました。
少しは自分のスタイルにも自信が出たのではないでしょうか?
メンズエステも風俗も同じなのですが、一番大切なのはルックスよりも中身、愛嬌がないと稼ぐことは出来ません。
そして太っている方はコンプレックスから表情が暗い方が多いという傾向があります。

そのようにコンプレックスを抱えたまま働いても、お客さんをリピーターにすることは難しいですし、どんどん悩みが増えていって精神面を病んでしまう方も少なくありません。
専門店で働くというのは、自分に自信をもつという意味でもとても有効な方法です。
大切なのは自分に自信を持って明るく、愛嬌を持ってお客さんと接するということ。
この記事があなたの役に少しでもたてば幸いでございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました