昼?夜?風俗で稼げる時間帯、客層を徹底解説いたします!

お金

時間は限りがあるもの。
どうせ働くのであれば、より稼げる時間に出勤して出来るだけ多く稼ぎたいですよね。
特に風俗ではほとんどのお店が歩合制。
普通のバイトなどとは違って、出勤していれば給料が増えるというわけではありません。
出勤していても、お客さんが入っていなければ、ろくな給料をいただけません。

ということは、より多くのお客さんがいる時間に長い時間出勤していれば、一番効率よく稼げるということになります。
今回は、風俗店の時間帯ごとのお客さんの数、客層について解説していきたいと思います。

風俗の稼げる時間帯はいつ?

立地やお店の集客方法、風俗嬢の数によって異なることはありますが、風俗の種類によって大まかな忙しい時間帯というのは決まっています。

今回はデリヘル、ホテヘル、ソープの3種類の風俗についての時間帯、客層をみていくことにしましょう。

デリヘルのオススメ時間帯

デリヘルの営業時間はおおよそ昼12:00〜朝がた5:00ごろまで
多くの風俗店の中でも、特に営業時間が長いのがデリヘルかと思います。

営業時間が長いからこそ、効率の良い時間帯に出勤しないと、時間ばかり長くなってしまって、なかなか思うように稼ぐことができません。

デリヘルの稼ぎやすい時間帯

「20:00〜2:00」
デリヘルの稼ぎやすい時間帯はある程度夕食が終わり、ちらほらと家やホテルに帰る人が増えてくる時間帯です。

特に居酒屋、キャバクラなど、0時〜1時ごろに閉店するお店が多い1:00〜2:00の間は特に忙しくなってきます。

ホテヘルのオススメ時間帯

ホテヘルの営業時間は午前中〜24:00ごろまで
ホテヘルは実際の店舗へお客さんが足を運び、女性を選んでから近場のホテルへ移動して行う風俗サービスとなります。

店舗型にもなりますので、デリヘルのように2:00など遅い時間までは営業できません。

ホテヘルの稼ぎやすい時間帯

「夕方5:00〜23:00頃」
こちらもデリヘル同様に、各飲み屋さんが閉店を迎える時間帯、深夜にかけての時間が一番稼ぎやすい時間帯となってきます。

またデリヘルと異なるポイントとして、お客さんが自分でホテルを予約する必要がないのがメリットでもあります。
そのため、デリヘルとは異なって、日中の夕方から気軽に利用するというお客さんもいます。
深夜帯よりも日中に出勤ができるのであれば、デリヘルよりもホテヘルが稼げると言えるでしょう。

ソープの稼げる時間帯

ソープの営業時間は午前中〜24:00ごろまで
ソープの多くはシフト制で出勤が決まっています。
早番、夜番、オープンからラストまで出勤する女性もいます。
ソープも店舗型のため閉店自体は早めとなりますが、店舗自体でプレイを行うため、忙しい時間帯に出勤していれば、どんどんお客さんが付き、単価自体も高額なので、やはり多くの風俗サービスの中でも一番稼ぐことができます。

ソープの稼ぎやすい時間帯

「夕方5:00〜ラスト24:00」
こちらも基本的にはホテヘルと同じ時間帯です。
これだけは言えるのは昼よりも確実に夜の方が稼げるということ。

どうせソープで働けるのであれば頑張って夜に出勤したいものです。
しかしながら、忙しい時間帯に出勤すると、指名客の数にもよりますが、かなり連続でお客さんの相手をすることにもなります。
それだけ稼ぐことは出来ますが、その分かなり体力も消費するので、自分の体力と相談しながら仕事をしましょう。

時間帯ごとの客層

デリヘルの客層

12:00〜17:00
平日休みのサラリーマン、仕事を退職した高齢者などが多く利用します。
また、プレイなどにこだわったマニアックな客層も多く見えます。

そのため、夜ほど客数は確保出来ないものの、気にいってもらえれば、リピート利用してもらう可能性が高い客層でもあります。
17:00〜21:00
この時間帯から、だんだんと仕事帰りのお客さんが増えてきます。
17〜18時ごろに利用する方は、多くが公務員などのお客さんです。

この時間帯であればまだ食事等も終わっていない可能性の方が高いため、酔っ払いの相手をしないで済みます。

21:00〜1:00

飲んだ後のサラリーマンが一気に増えます。
仕事が長引いて疲れたサラリーマンや、飲み会終わりの団体客なんかも増えてきます。

ほとんどの風俗店で一番稼げるのがこの時間帯となります。

1:00〜5:00

この時間になるとデリヘル以外のサービスは営業終了となりますので、デリヘルの利用者が一気に増える時間帯です。
ホテルに帰ったが遊び足りていない男性、朝方になってくると夜勤明けの男性なども増えてきます。

昼?夜?風俗で稼げる時間帯、客層を徹底解説いたします!まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は風俗店の時間帯ごとの客層、稼げる時間帯について解説させていただきました。
もちろんお客さんが多い時間帯に出れる方が稼げるのは間違いありません。
しかし、一番大事なのは自分に合った時間帯で、自分のペースで稼ぎ続けることです。
自分のリズムを掴んで上手く稼いでいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました